ここには、今川軍の先陣隊が、鳴海、大高方面に対して備え布陣していた所です。桶狭間の南北に連なる丘陵にあり、北側から高根山、幕山、巻山の順に並んでいます。高根山から幕山にかけ、松井宗信率いる約1,500名の兵が、そして巻山には約1,000名の井伊直盛隊が陣取っていました。特に、高根山は標高54mあり、鳴海城、善照寺砦、中島砦が一望でき、織田軍を監視するには適した所でした。桶狭間の戦いで、松井宗信、井伊直盛の両大将は戦死しました。現在、高根山には、日清、日露、太平洋戦争で亡くなった人を祀る有松神社があります。
 
 

有松神社:忠魂碑と案内板

 

春の有松神社

 

より大きな地図で 高根山(有松神社) を表示
 
(1)高根山(2)釜ケ谷(3)七ツ塚(4)桶狭間古戦場公園(5)おけはざま山(6)瀬名氏俊陣地跡(7)長福寺(8)戦評の松(9)桶狭間神明社