史跡巡り
 
前月2018年 12月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
 


トップ  >  戦評の松
戦評の松

 義元の本陣の設営を終えた瀬名氏俊隊は、この大松の下で軍議を開いたといわれ、戦評の松と言います。初代の松は、古写真にあるように、樹齢400年を超え、直径1m以上あるすばらしい松でしたが、昭和34年(1959)の伊勢湾台風で枯れてしまいました。今の松は3代目にあたります。他に敷地内には、明治以降、御料地の払い下げを受けて、農地を開墾した記念の碑があります。
 今の刈谷に住む漁師が、旧暦5月19日の未明、魚を名古屋の市場に届ける途中、この大松の下で休んでいると、大松の上の方から白馬に跨り、白装束の義元の亡霊が現れ、漁師にこのことを絶対に他人に話してはならぬと口止めして大池の方へ去って行きました。それ以来、漁師はこのことで悩み、ついに仲間に話してしまいました。するとその漁師は急に体調を崩し亡くなってしまったとのことです。

三代目となる戦評の松

 

昭和初期の戦評の松

(1)高根山(2)釜ケ谷(3)七ツ塚(4)桶狭間古戦場公園(5)おけはざま山
(6)瀬名氏俊陣地跡(7)長福寺(8)戦評の松(9)桶狭間神明社
プリンタ用画面
投票数:9 平均点:10.00
前
長福寺
カテゴリートップ
TOP
次
桶狭間神明社





NOP法人桶狭間古戦場保存会 〒458-0925 名古屋市緑区桶狭間2311番地 
Copyright (C) NPO法人桶狭間古戦場桶狭間. All rights reserved.