桶狭間の戦い
 
 


今川義元
梶野稔 個人所蔵 今川義元(いまがわよしもと)
生誕地:駿河国
誕 生:1519年(永正16年)
生 没:1519年~1560年
幼 名:芳菊丸 [父]今川氏親 [母]氏親正室
政 策:三国同盟 北条家・武田家・今川家
【桶狭間の戦い】1560年(永禄3年)5月 対するは 織田信長

桶狭間の戦いの時、今川義元は42歳であった。
海道一の弓の名手ともいわれた。


ー桶狭間の戦いー


尾張−三河国境付近の大高城、鳴海城を救援し、伊勢湾交易の支配を含む尾張攻略の第一歩として、大軍を率いて侵攻を開始した。準備万端で挑んだ戦であったが、途中おけはざま山の中腹に構えた陣を織田信長に攻められ、首級をとられた。駿河・遠江・三河を支配し、その領国経営は中世の慣習からの脱却が伺えた。後に織田信長は楽市楽座等の施策を行うが、今川義元の領国経営も参考にしたといわれる。





愛知県名古屋市緑区:桶狭間古戦場公園 今川義元公銅像






桶狭間古戦場保存会 〒458-0919 愛知県名古屋市緑区桶狭間神明1520番地 【お問い合わせ・連絡先】
Copyright (C) 桶狭間古戦場桶狭間. All rights reserved.