桶狭間の戦い
 
 


織田信長
 
長興寺所蔵 織田信長(おだのぶなが)
生誕地:尾張国
誕 生:1534年(天文3年)5月
生 没:1534年~1582年
幼 名:吉法師 [父]織田信秀 [母]土田氏
政 策:天下布武、楽市楽座、検地など
【桶狭間の戦い】1560年(永禄3年)5月 対するは 今川義元

桶狭間の戦いの時、織田信長は27歳であった。若い頃は大うつけと呼ばれていたが、その間に育て上げた精鋭部隊によって尾張の統一を果たした。

ー桶狭間の戦いー


尾張統一直後、今川義元率いる大軍に攻め込まれたが、おけはざま山への着陣を知り、自らが先頭に立ち今川義元本陣への少数精鋭による突撃を行い勝利した。大将を失った今川軍は統制を失い退却していった。天候等の運にも助けられた際どい勝利であったが、果たして織田信長は熱田の神への感謝を表して塀(現存)を寄進し、以降このような戦法は用いなかった。

その後、天下布武の宣言のもと、次々と支配領域を広げていった。楽市楽座、街道の整備等を行い、近世の扉を開いたといわれる織田信長であったが、天下統一を目前にしながら本能寺で自刃に追い込まれた。49歳であった。





愛知県名古屋市緑区:桶狭間古戦場公園 織田信長公銅像

 






桶狭間古戦場保存会 〒458-0919 愛知県名古屋市緑区桶狭間神明1520番地 【お問い合わせ・連絡先】
Copyright (C) 桶狭間古戦場桶狭間. All rights reserved.